ワイモバイルのキャンペーンとは?

diary

スマホ事業者が提供するワイモバイルのキャンペーンについて、どのようなキャンペーンが現在行われているか、いつ契約するとお得になるかなど、ワイモバイルのキャンペーンを利用してスマホをお得に契約する方法などについて解説をします。

格安スマホに興味がある方、これからスマートフォンを持とうと検討中の方に参考になれば幸いです。

ワイモバイルとYahoo!モバイルの違い

実はワイモバイルは格安スマホを提供する事業者は2つあります。一つはワイモバイルオンラインストアでこちらはソフトバンクが提供するワイモバイルになります。

もう一つはヤフーが提供するYahoo!モバイルオンラインストアがあり、両者は会社が異なっているが親会社はソフトバンクになりますのでYahoo!モバイルオンラインストアは立ち位置としては準格安スマホ事業者と言う扱いになります。

これらを踏まえた上でどちらの会社のキャンペーンがお得にスマホを契約できるかについて考えていきます。まず、キャッシュバックキャンペーンですが、こちらのキャンペーン、2018年度を持って両者ともに終了しており、現在、新規にスマホに乗り換える際、キャッシュバックにて現在のスマホキャリアの違約金を払うためにキャッシュパックを利用できなくなっています。

ただし、ワイモバイルからソフトバンク、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるという場合であれば、キャンペーンとしてスマホのキャリアの大幅割引の他乗り換え手数料を無償にするなどのキャンペーンがあります。

これは両者が同じ会社であるが故に出来ることで言ってみれば両会社で競争させていると考えると分りやすいです。

ソフトバンクの独自キャンペーン

ソフトバンク側の格安スマホ独自のキャンペーンはSIMスマホを対象とした乗り換え時においての事務手数料が無料となっています。

その他にも音声通話SIMを新規契約する人にはpaypay3000円相当をプレゼントし契約における事務手数料は無料となります。その上でさらに上位プランに契約をした場合最大で9600円もの特典が付きそれぞれpaypayや事務手数料を無償化するなどサービスが提供されています。

その上でデータプランが豊富な点もソフトバンク側のワイモバイルになりデータを翌月に繰り越すなど通信に関する恩恵が受けられるのが特徴です。

しかし、家族割りなどについてはY!mobileのほうが期間限定などの制約も無く常に1端末につき500円の割引が適応されるため、ソフトバンク側のワイモバイルと比較すると2年で家族割りサービスが締結してしまうことと踏まえるとyahoo側のモバイル事業のほうが家族割りにおいてはプラスであると言えます。通信費用をより細かく設定できる面においてはソフトバンクに軍配が上がります。

Yahoo!のキャンペーン

yahoo側のキャンペーンとしてはpaypayをプレゼントするという手法のキャンペーンが主です。例えばsimカードを契約した場合、最大で14000円分のpaypayをプレゼントするなどpaypayに関するキャンペーンがとても多いです。

これらはソフトバンク側も行っていますが、それを超えた量のキャンペーンをしておりたくさんもらえるのがyahoo側です。

その上でデータ通信量のオプションを無料で1年間使用可能でデータ通信量の許容量を1年間の見上げるようなキャンペーンをしています。

この点についてはソフトバンク側は細かなデータ通信プランを打ち出すという手法でデータ許容量の調整をしていますが、yahoo側は初めから割引を適応することによりお得感を出しています。

なお古い形態を下取りに出し、その下取り金額を毎回スマホ利用料から割り引くサービスを展開するなど変わったサービスを打ち出しているのがyahoo側のモバイルキャンペーンになり、こちらについてはソフトバンク側も、中古のアウトレットスマホを販売するなどで対抗しておりどちらも変わったサービスを打ち出してます。

どちらが良いかは判断が難しい

ソフトバンク側は契約に関してとても細かく設定をすることが出来る分長期にわたり契約をする場合においてサービス利用料を抑えやすいという利点があります。

しかし、即座に割引が提供されるというものであればyahoo側に軍配が上がり、paypayによるポイントキャンペーンやスマホ乗り換え時に特典が付属し最大で8000円相当を割引するなどその場で割引をするプランがとても多いです。

その場で割り引かれるか、後々長期契約時において得をするかと言う問題がありどちらのモバイル会社を介してワイモバイルに契約するのが良いかと言うのは分りかねないです。

その場限りでポイントなど貰うものだけを貰い契約期間を終えてから解約し乗り換える場合においてもソフトバンク側、yahoo側は乗り換えキャンペーンを行っており、両者ともにソフトバンクからyahoo 、yahoo、からソフトバンクに移行する際、何かしらのキャンペーンをしていることがありそれらを考えると、契約期間を終えた後どちらかに移行しても損はしないはずです。

タイトルとURLをコピーしました