接骨院を見逃していませんか

health

「接骨院の看板はみたことがあるけど、何をしているところなのかはよくわからない」このような疑問をもっている方は意外と多いのではないでしょうか。

自然治癒力を活かし薬を使わずにケガを治療する接骨院は、武術家の医術ともいえる活法から生まれた日本の伝統的な民族医療です。

日本には接骨院という素晴らしいものがあるのに、そのメリットを知らずに利用しないなんてもったいない話ですから、接骨院についての基本的なことがらを知りケガの治療や健康維持に役立てましょう。

接骨院はどんなとき何をしてくれるのか

接骨院は以前ほねつぎと呼ばれており、最近は整骨院という名称を使うところが増えてきていますが、全て柔道施術師による施術所ですから全く同じものです。

柔道整復師は、骨や筋肉の痛みに対する施術を行うための国家資格を有している者として、スポーツトレーナーや整骨院スタッフとして働いています。

武術や柔道に多い捻挫や骨折などの治療するために生まれた技術であるため、資格名称に柔道の名が入っているのです。

接骨院では、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ等)に対する手当や応急処置を行い、痛みを取り回復させるための最適な施術を行います。

微弱な電波や超音波を利用して筋肉をほぐしたり血行を促進する物理療法、指圧や揉みほぐしにより骨盤や関節の位置を整え筋肉をやわらかくする手技療法、再発の防止や姿勢の改善のための筋トレ指導などの運動療法を症状によって組み合わせ治療するのです。

接骨院を利用するときの注意点

日常生活における疲労や肩こり、腰痛などでも接骨院で適切な治療を受ければ改善することはできますが、健康保険の適用は受けられませんから全額自己負担となります。

柔道整復師の施術を受ける場合に保険が適用されるのは、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ等)のなかで急性・外傷性のもののみとなっているのです。

対象となる範囲が狭いわけではなく、首の寝違えやぎっくり腰など全身の部位の急性・外傷性のケガに適用されるため適用対象となるケガは少なくありませんし、慢性的な肩こりや腰痛の場合でも接骨院にかかってみたら実は捻挫や打撲だったと分かるケースもあります。

健康保険以外にも仕事中の怪我であれば労災保険、交通事故によるケガなら自賠責保険が適用されますから、症状や施術のことだけでなく保険に関しても接骨院の先生に気軽に相談してみましょう。

接骨院は身体の専門家

接骨院で働く柔道整復師は、総合的な医学知識をを問われる国家資格を取得している有資格者ですから、身体のだるさや痛みで接骨院を利用して原因が内科的な疾患であることなどが分かることも少なくありません。

自然治癒力を活かす施術と治療を行いますから、はじめは週に1~2回ほど通い痛みが引いてきたら2~3週間に1回程度のペースで施術を受けることで無理なく症状を解消できるのです。

治療とともに生活習慣の改善点や自宅で簡単にできるセルフトレーニングの指導を受けることで、身体の不調の回復ペースをさらに速めることも可能になるため、身体の状態や疑問点について分かりやすく丁寧な説明をしてくれる良心的な接骨院を選ぶことも大切といえます。

参考までに八千代市緑が丘の整骨院「城ノ戸鍼灸接骨院」のサイトによると肩こりや腰痛はもちろん、頭痛やひざ痛、交通事故治療、スポーツ障害に至るまで様々な症例が記載されています。

接骨院は身体の痛みを取り除くだけでなく、心身共に元気になれるようなサポートをしてくれる頼れる専門家といえるのです。

タイトルとURLをコピーしました